読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNOWというアプリをやってみた(JIROUの日常)

突然だが、私は自分の顔が子供の頃から大嫌いだった。多分、悪意はなかったのだが、祖父から「のっぺらボーイ」と呼ばれて以降「写真を撮るぞ!」っという場面になると逃げて回ってきた。

 

そんな私だったが、年々、結婚式に呼ばれる機会も多くなり、気がついたことがある。

 自分の写った写真はある程度必要だと。

 

【上司の結婚式にて】

f:id:JIROJIROJIROU:20170115232156j:image

「やっぱり、写真って必要ですかね?」

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115231853j:image

「そりゃ必要だよ!その人の生きてきた道を知るチャンスだもん!」

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115232156j:image

「2歳のときの写真から、22歳のときの就活用の写真に飛ぶとかって邪道ですかね?」

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115232539j:image

「ふざけてないで、真面目に課長の人生の歩みを鑑賞しろよ。」

 

という、やり取りがあった為、少し考え方を改めようとした私が出会ったもの。それがLINE Cameraだった。 

このカメラ、絶妙にブスをぼやかしてくれるんですよ。加工していることは勿論バレるけれど、プリクラ並みの加工でもなく、なんか程よい。

 

このカメラにハマって2ヶ月経った頃、友人の中でもトップクラスの美女2人と遊んだときに、記念撮影をするノリになった。

 

美女2人に挟まれての写真はハードル高いと感じていたその時だった。

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115233857j:image

「最近、今更ながらSNOWにハマってるんだよね」

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115233902j:image

「小馬鹿にしてたけど、結構盛り上がるよね」

 LINE Camera以外はNGですと断る私に「絶対に大丈夫だ」と押し通すので、試しにやってみたら驚いた。SNOWで撮った私の顔は、美女2人と同じくらい目鼻立ちがぱっちりしていた。

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115234446j:image

「す、すごい…面白いし、動物の絵も可愛い♡」

 

早速その場でDLした私は家に帰ると、何を思ったのか、長州小力にSNOWカメラを当ててみた。

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115235209j:image

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115231524j:image

「あ・・・・可愛い。こういうアイドル、多分いる。」

 

そして、小力を褒めると同時に、気づいてしまったのだ。

このアプリで写真を撮ると、皆んなが同じ様な顔になってしまうということを。

SNOWで撮った写真は、私の人生のメモリーにしては完璧すぎるということを

 

私はそっとSNOWをアンインストールした…

 

年末、母がこのアプリをDLしていることが発覚し、遊んでいる姿を眺めていたのだが…

携帯の画面に映る顔はとっても可愛いけれど、携帯の画面を眺めているその顔は超絶サイコだった。(※うちの家族に限りです)

 

f:id:JIROJIROJIROU:20170115231524j:image

「街でやらなくてよかった♫」

 

20数年間、なるべく写真撮影を避けてきたカメラ初心者の私にSNOWは、まだ早い。

そして、親は身を呈して物事を教えてくれるから、大切にしよう。2017年の目標は親孝行だわ。

そう感じたJIROUだった。